Works

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違いとは?

1. 印刷方法の基本

オフセット印刷とオンデマンド印刷は、どちらも一般的な印刷方法ですが、その違いを理解することは印刷物の品質を向上するうえで重要です。オフセット印刷は、大量の印刷物を生産する際に最も広く使用されています。一方、オンデマンド印刷は、必要な分だけ印刷するという新しい印刷方法で、特に小部数の印刷に適しています。

2. オフセット印刷の特徴

オフセット印刷は、大量の印刷物を高品質で生産することが可能です。特に、大きな用紙に印刷する場合や、特色(金や銀、蛍光、白色など)を使用する場合には、オフセット印刷が適しています。しかし、多種少部数印刷の場合、1種類ごとに版を作る必要があるため、オフセット印刷は割高になる可能性があります。

3. オンデマンド印刷の特徴

オンデマンド印刷は、注文が入ってから印刷を行うため、在庫を持つ必要がなく、印刷物の廃棄リスクなどの無駄を減らすことができます。また、オンデマンド印刷では、一部の特色を除き、多くの色を表現することが可能です。しかし、オフセット印刷に比べて解像度が低いため、細やかな印刷は難しいというデメリットがあります。同様に蛍光色など再現の難しい色も存在します。

4. 印刷方式の選び方

オフセット印刷とオンデマンド印刷、どちらを選ぶべきかは、印刷物の量、品質、コストなど、さまざまな要素を考慮する必要があります。大量に印刷する必要があり、特色を使用したい場合はオフセット印刷が適しています。一方、少量の印刷や、短期間で印刷物を必要とする場合は、オンデマンド印刷が適しています。

オフセット印刷とオンデマンド印刷は、それぞれ異なる特性と利点を持っています。印刷の仕上がりを向上するためには、これらの違いを理解することも重要です。どちらの印刷方法がより最適か不明な場合は、当社までご相談ください。

関連記事一覧

営業日のご案内

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30